> > 省エネ法の「定期報告書」を自動作成もできるウェブ版省エネ支援サービス「らくエコ」を無償提供 大林組

省エネ法の「定期報告書」を自動作成もできるウェブ版省エネ支援サービス「らくエコ」を無償提供 大林組

記事を保存

大林組は、オフィスや生産施設などにおいて、エネルギー使用量の「見える化」や、改正省エネ法に対応した提出書類の自動作成など、建物運用管理を消費エネルギーの観点からサポートするサービス「らくエコ」を開発し、無償での提供を開始した。

本サービスの特徴は、クラウド利用により汎用パソコンからウェブ経由で、容易にエネルギーデータの入力・集計およびアウトプットが可能なことと、複数施設のエネルギーデータの集計・換算を簡略化し、省エネ法の「定期報告書」が自動作成できるほか、過去3年分のエネルギー使用量のトレンドをグラフで確認し、比較分析することができる。

改正省エネ法や東京都環境確保条例など、国や自治体による省エネ関連法規の制定を受け、事業者はエネルギー管理について、施策の策定と最適な運用が求められている中、用途や規模の異なる複数の施設を所有している場合は、地域ごとにエネルギー消費量の換算値が異なり、消費総量などの把握が煩雑である等の課題があった。この課題の解決策として、本サービスを開発した。

同社では、1982年にビル・エネルギー管理システム(BEMS)として、「BILCON-Σ(ビルコンシグマ)」を開発し、建物の省エネ・管理の省力化に取り組んできた。現在は、遠隔地からのエネルギーの監視・制御を可能とした「遠隔BEMS」の運用を開始している。「遠隔BEMS」は「らくエコ」と併せて導入すると、データの自動収集や詳細分析が可能となるため、セットでの導入も提案していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.