> > 市販カーナビとして初の電気自動車向けカーナビを発売推定電力消費量の少ないルートを選択することもできる パイオニア

市販カーナビとして初の電気自動車向けカーナビを発売推定電力消費量の少ないルートを選択することもできる パイオニア

記事を保存

パイオニアは、市販カーナビとして初の電気自動車(EV)専用のカーナビゲーションシステムサイバーナビ「AVIC-ZH09-MEV」を7月下旬に発売する。

本製品は、走行時の空気抵抗や回生エネルギーまでを考慮して、電力消費量を推定する独自の技術を搭載し、探索した案内候補ルートの中でもっとも推定電力消費量の少ないルートを選択することができる。

また、回生エネルギーの効率的な発電につながるブレーキ操作を推奨する機能をはじめ、周辺の充電施設の検索、ドライブにかかる推定電力費用の表示などのさまざまなEV向けの機能を装備し、EVでのドライブをサポートする。

先進のナビゲーション機能として、別売のユニットを使った実写映像ルート案内や、地図にない道を自動生成する「ロードクリエイター」なども搭載。希望小売価格(税込)は24万6750円。

回生エネルギーは、EVの減速時に、駆動用モーターを発電機として作動させ、バッテリーに蓄電する電気エネルギーのこと。EVの回生エネルギーの発電量は、運転中のブレーキ操作によって変化する。回生エネルギーの効率的な発電につながるブレーキ操作は、急ブレーキの発生低減にもつながる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.