> > パナソニック 省エネ・創エネ設備をフル搭載したモデルハウスをオープン

パナソニック 省エネ・創エネ設備をフル搭載したモデルハウスをオープン

記事を保存

パナソニックは、同社が推進する「家まるごと」エコロジー提案について、実際の住宅で体験できる「エコイエモデルハウス」を門真本社構内に建設し、4月1日から公開を開始した。

「エコイエ」は、独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー」に外張り断熱工法や省エネ、創エネ設備を搭載し、CO2削減を徹底的に追及した提案型住宅として同社が開発したもので、全国375社のパナソニックビルダーズグループ加盟店(PB店)によって販売されている。

「エコイエモデルハウス」は、パナソニックグループの省エネ・創エネ・見える化設備をフル搭載した、実際に販売が可能なプランの「省エネ・創エネハウス」となっている。

外張り断熱・充填断熱工法を併用し断熱性を高めたほか、住設から電材、給湯設備・家電製品に至るまで省エネ設備を採用。創エネ設備としては、太陽光発電システム「HIT」を6.235kW分搭載した。

また、家の中の電気使用量を確認できる「ECOマネシステム」などの「見える化」設備を導入しており、間取りや開口部などには自然の力を生かした工夫が施されている。

これらの特長により、1990年の構造・製品を想定した住宅と比較して、水道光熱費を年間約54万5000円、CO2排出量を年間約8200kg、削減できると試算している。

「エコイエ」は、2009年11月に国土交通省の「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」として採択され、補助金の対象となっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.