> > 富士キメラ総研 次世代エコカーの主要部材の世界市場は、10年で26倍に

富士キメラ総研 次世代エコカーの主要部材の世界市場は、10年で26倍に

記事を保存

富士キメラ総研は、ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)などの次世代エコカーについて、その主要部材と注目材料の世界市場の調査結果を発表した。

リチウムイオン二次電池、モータ、燃料電池、充電器などの主要部材と、放熱/蓄熱部品・部材を合わせた27品目の2010年の世界市場は、前年比33.8%増の638億円となった。今後、この市場は前年比30~80%増のペースで成長し、2020年には1兆7059億円(2010年比26.7倍)の市場に成長すると予測する。特に、多くの次世代エコカーの発売が予定されている2012~2013年以降は、リチウムイオン二次電池、モータ、インバータなどの主要部材が、いずれも前年比2倍以上で伸長する見通し。

また、今回、アルミニウム合金、天然素材系樹脂(バイオマスプラスチック)など自動車用注目材料(22品目)の世界市場についても調査した。同市場は、2010年が前年比15.7%増の9兆1472億円、2020年が2010年比209.6%の19兆1704億円と推計する。

主要部材の調査概要は以下の通り。PHV/EVに不可欠なリチウムイオン二次電池用部材(正極材、負極材、正極集電体、負極集電体、セパレータ、電解液・電解質)市場は、2011年は前年比7倍の349億円まで市場が拡大し、2015年は4266億円、2020年には2010年比254倍の1兆2705億円超の市場に成長すると予測する。正極材として使われるマンガン酸リチウムのコスト低減や安全性向上、EVの発売、HEVでの採用が、急拡大の要因となるとみている。正極材市場は2020年には、2010年比194倍の4665億円になる見込み。正極材では、充放電容量の拡大を図るために、新しい材料を開発する企業が増えており、2015年以降にはまったく新しい材料が登場する可能性がある。ただ、東日本大震災の影響により、国内における自動車向けリチウムイオン二次電池市場は穏やかな拡大にとどまり、当面は韓国を含む海外のメーカーの参入による海外市場が中心になる見通しだ。

モータ用部材市場は、2011年は前年比130.6%の367億円で、2020年は2010年比784.0%の2203億円となる見込み。

EVやPHVに充電を行うインフラ設備の充電器用部材市場は、2011年が23億円(前年比383.3%)で、2020年は409億円(10年比6816.7%)になる見込み。そのうち、給電用コネクタの市場は、2020年に308億円(2010年比62倍)となると予測する。給電用コネクタには、DC用・普通充電器・家庭コンセント向けのAC給電コネクタがあるが、2010年は車両への付属品、普及に向けた設置に伴い、AC給電用コネクタの需要が世界で25000個程度となった。2020年には600万個になると予測する。ただ、筺体の軽量化のほか、規格の統一による開発コストの低減が必要だと指摘する。

富士キメラ総研は、2011年のHEV・PHV・EVの生産台数について、日本国内で93万台、世界市場では121万台となり、30%近い伸びを示すとみている。今後も2020年に向けてHEV市場はほぼ年率20%増で拡大する。2020年には、PHV179万台、EV145万台、FCV1万台の生産となり、世界の次世代エコカーの生産台数は、4輪車生産台数の8.2%を占める、897万台になると推計する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.