> > シャープ・LIXIL 創エネ・省エネ関連製品の開発会社を設立

シャープ・LIXIL 創エネ・省エネ関連製品の開発会社を設立

記事を保存

シャープと、住生活グループのLIXILは、4月に発表した、住宅やオフィスビルの建材・設備市場向けの「創エネ」「省エネ」製品の開発・販売での業務提携について、8月1日に製品の開発を行う合弁会社を設立する。

合弁会社の名称は、エコ・ライフ・ソリューション。資本金は7000万円で、出資比率は50%ずつ。新会社では、両社の経営資源を活用し、創エネ・省エネに優れた太陽光発電機器やLED照明などと、建材を融合させた製品をはじめ、環境、安全・安心、健康などを主たるテーマとした製品・ソリューションの企画・マーケティングを手掛けていく。新会社の製品・ソリューション等は、両社が有する建材、設備および家電ルートなど幅広い販路で拡販を図っていく計画だ。

両社の建材・設備市場向けの業務提携では、新たな製品・サービスの開発、販売で幅広く連携する。合弁会社の設立のほか、シャープの省エネ機器を住生活グループの建材・設備の販売ルートで販売するなど、住宅だけでなくオフィスビルなどに向けた新たな市場開拓も行っていく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.