> > 信越ポリマー 太陽光発電モジュール設置架台専用のシーリング材を発売

信越ポリマー 太陽光発電モジュール設置架台専用のシーリング材を発売

記事を保存

信越ポリマーは、業界で初めて、太陽光発電モジュール設置架台専用のシーリング材「PVシーラント」の発売を7月から開始する。

今回発売する本製品は、太陽光発電モジュール設置架台取付の工事用途に絞った製品で、同社では施工標準化につながるシーリング材と位置付けている。特徴として、1成分形のシリコーン系シーリング材のため、従来施工時に使用されている変成シリコーン系やゴム系の材料と比較して、1.耐熱性・耐寒性、2.耐久性・耐候性、3.防水性において優れていることがあげられる。製品仕様は、330mLカートリッジで、黒とグレーの2色。

太陽光発電モジュール(パネル)の施工時、取付用架台を屋根に固定するが、この取付作業は防水処理を貫通するビスやアンカー等で行われるため、貫通部の防水処理法によっては、後々雨漏り等の原因となることがある。

また屋根に設置される太陽光発電モジュール関連資材には、高い耐久性、耐熱性が求められている。そのため架台用のシーリング材についても高性能な商品が求められていた。

信越ポリマーは、信越化学工業のグループ会社で、塩化ビニル樹脂とシリコーンゴムの加工技術や素材配合技術を用いて、電気・電子機器関連製品から建材関連製品にいたるまで、幅広い分野での製品を開発・生産している。

尚、本製品の発売にあたっては、太陽光発電システム関連のコンサルティング会社、フォトボルテック(大阪府茨木市)の協力を得た。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.