> > 日産・JAF EVの充電切れに対応するロードサービスカーを試験運用

日産・JAF EVの充電切れに対応するロードサービスカーを試験運用

記事を保存

日産自動車と日本自動車連盟(JAF)は、電気自動車(EV)の電池切れ(電欠)の救援を行う、EV用充電機能付ロードサービスカーの実証運用を、6月7日から開始すると発表した。

現在、EVの普及に向けて、充電インフラの整備と共に、電欠などの際のレスキュー体制の整備が重要となっている。今回使用するEV用充電システムを搭載したロードサービスカーは、日産が環境省より「平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業」の委託を受け、試作開発したもの。JAFは、この試作車をJAF神奈川支部に配備し、今年度から実際のロードサービス業務の中で実証運用する。

両者は、この実証運用を通じて、同ロードサービスカーの実用化を図り、将来的にEVの電欠に対応するセーフティネットを構築、EVを安心して利用できる環境づくりを推進していく考えだ。

JAFは、すでにロードサービスの現場において、全車両に絶縁グローブとゴーグルなどを装備し、EV救援対応を行っている。EV救援の対応については、各メーカーの協力を得て、EV車両の実車を使った実技研修を全国で展開している。昨年12月には、日産教育センターにて全国のJAF支部隊員を対象に、日産リーフを用いて、ロードサービスカーによる牽引等のレスキュートレーニングを実施している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.