> > 伊藤忠エネクス 系統連系できる蓄電システムを今秋発売

伊藤忠エネクス 系統連系できる蓄電システムを今秋発売

記事を保存

伊藤忠エネクスは、「系統連系した蓄電システム」を開発した。同システムは、系統連携により、効率的な運用が可能になり経済性が高い点、蓄電池と充放電制御システムの分離により蓄電池の容量を選択できる点などが特長。現在、東京電力の系統連系の承認を得て千葉県において試作機を設置し、データ収集及び解析を実施中。今後、急ピッチで商品化を進め、今年秋の販売を予定している。

系統連携は、発電設備を電力会社の送電、または配電線に接続して運用することを指す。同システムは、これにより、非常用電源機能だけでなく、平常時は自動で割安な深夜電力を充電し、その電力を日中に使用することで経済性が高まるのが特長だ。また、太陽光発電や燃料電池(エネファーム)が設置されている場合には、連動してさらに効率的に電力を供給できる。蓄電した電気は、停電時を含めて常に既設のコンセントからの使用が可能で、利便性も高い。

蓄電池は、伊藤忠商事が販売するエナデル社のリチウムイオン電池を採用し、コンパクト化を図った。容量は、標準家庭を基準に6KWhの蓄電池を備え、出力は非常時でもエアコンが使用できる3kWに設定。蓄電システムは、「蓄電池と充放電制御システムの分離型」で、蓄電池の容量をライフスタイルに応じて選定することができる。

また、今後の電気自動車(EV)の普及に伴い、EVの電池を車から家庭用として二次利用することでコストダウンを図ることが可能。さらに蓄電池容量を大きくすることで、商業・産業用としても活用できるという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.