> > ローム 人感センサ式など、省エネの「直管形LEDランプ」を開発

ローム 人感センサ式など、省エネの「直管形LEDランプ」を開発

記事を保存

ロームは、高効率の直管形LEDランプ「R-FAC」シリーズ10機種を開発した。

同製品は、従来型の蛍光灯に比べて消費電力1/3以下を実現した点、人感センサ内蔵タイプの投入により省エネ化を図った点などが特長。今年5月からサンプル出荷を開始し、6月から当面月産10万個の体制で量産を開始する予定だ。生産拠点は中国・大連の同社工場。

ロームは、2008年から直管形LED市場に参入し、次世代照明システムの提案を行ってきた。今回は、より低消費電力のLED照明のニーズに対応し、超省エネ型LED照明として「R-FAC」シリーズの開発に至った。

同製品は、消費電力を従来型のラピッド蛍光灯に比べて70%減、また従来の直管形LEDランプに比較しても40%減と大幅な低消費電力を実現した。また、LEDのパッケージング技術を全面的に見直し、これまで一般的に使われていたエポキシ樹脂基板をセラミック基板に変更。そのセラミック基板に特殊な加工を施すことにより、放熱性とLED光の取り出し効率の改善に成功した。

さらに、人感センサを内蔵したタイプの投入により大幅な省エネ化を実現している。例えば、エレベータホールなどで常時点灯をしていた直管形蛍光灯を取り替えると、点灯時間の割合を50%と仮定した場合、合計消費電力を85%削減できる。設置の際は、システムの変更や大がかりな工事なしにセンサ付照明を構築できるようにし、省コスト化を図った。寿命についても、蛍光灯と比較して3倍以上の設計寿命40000時間を確保している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.