ローム 人感センサ式など、省エネの「直管形LEDランプ」を開発

  • 印刷
  • 共有

ロームは、高効率の直管形LEDランプ「R-FAC」シリーズ10機種を開発した。

同製品は、従来型の蛍光灯に比べて消費電力1/3以下を実現した点、人感センサ内蔵タイプの投入により省エネ化を図った点などが特長。今年5月からサンプル出荷を開始し、6月から当面月産10万個の体制で量産を開始する予定だ。生産拠点は中国・大連の同社工場。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報