> > ワタミ 2,000kWの風力発電を建設、発電した電力を全て購入

ワタミ 2,000kWの風力発電を建設、発電した電力を全て購入

記事を保存

ワタミは、グループのCO2削減を目的に、風力発電事業に参入すると発表した。

本事業では、市民風力発電プロジェクトにワタミグループより貸付として資金を拠出して風車建設を支援、2012年2月に竣工予定の風車(秋田県)による電力と環境価値を購入する。今回のスキームは、風車が発電する電力と生み出される環境価値(CO2削減)をすべてワタミグループで購入するもので、日本では初めての取り組みとなる。

現在計画されている風車の出力は2000kWで、年間の発電量は約450万kWh、環境価値は約2000t-CO2相当を見込む。発電量はワタミグループ全体の電力使用量の約3%に相当し、環境価値の購入によりグループの事業活動で排出されるCO2を2%削減することになる。購入する電力は、ワタミの100%子会社である介護株式会社が運営する介護付有料老人ホームで使用する予定。

同社は、2012年に施行が予定されている電力の固定価格買取制度を視野に入れる。今回の風力発電事業への参入を契機に、グループで使用するすべての電力を自然エネルギーに転換していくことを前提として、今後の取り組み方法について検討を開始する。

同社は、欧米や中国、インドに比べて停滞している、日本の再生可能エネルギーの普及促進に寄与していく考えも示している。ワタミグループでは、グループの環境方針「2020年度CO250%削減(08年度比、売上高あたり)」の達成に向けて、LED照明の導入や電気使用量の見える化など、省エネルギーの取り組みを推進している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.