> > 岩崎電気 街路灯「LED太陽灯」を発売、従来の1/2の価格を実現

岩崎電気 街路灯「LED太陽灯」を発売、従来の1/2の価格を実現

記事を保存

岩崎電気は、自然エネルギーを利用した街路灯の新製品「LED太陽灯」3タイプを5月16日より発売する。

同製品は、同社従来型LED太陽灯の約1/2の低価格を実現したうえ、長寿命で優れた耐候性を持つことなどが特長。自然エネルギー利用の街路灯をより多くの場面で利用できるよう、優れた機能での低価格化を実現した。目標販売台数は年間500台。

LED太陽灯は、昼間の太陽光を利用して発電した電力をバッテリーに蓄え、夜間照明に利用するシステムで、商用電源が不要。設置時の電源線引き込み工事や地中埋設工事も要らず、施工が簡単なのが特長だ。CO2排出もなく、自然エネルギー利用の街路灯として、公園・街路だけでなく、災害時や停電時の安全・安心を担う照明として、広域避難所などにも採用されている。

今回発売される「LED太陽灯」は、高効率な単結晶シリコンモジュール太陽電池、設計寿命60000時間の白色LED、期待寿命7~10年の蓄電池などを採用している。また、照明器具の点灯・消灯を自動制御でき、効率的に利用することができる。価格は666000円(税別)~。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.