> > 京都大学 世界初、海洋バイオマスからバイオエタノールの生産に成功

京都大学 世界初、海洋バイオマスからバイオエタノールの生産に成功

記事を保存

京都大学は、食料との競合を引き起こさない、海洋バイオマスからのエタノール生産技術を世界で初めて確立したと発表した。本研究は、褐藻類の主成分であるアルギン酸をエタノールに転換する技術で、好気培養下において2~3日間で13g/Lのエタノールの生産が可能だという。

細菌の一種であるスフィンゴモナス属細菌A1株は、細胞表層に開閉自在の孔(体腔)を形成する能力(体腔形成能)と、その孔に強力な巨大物質を呑み込む能力(アルギン酸代謝能)を有する。

本研究では、バイオテクノロジー技術を駆使して細胞改造したスフィンゴモナス属細菌A1株と、アルギン酸を培養することで、アルギン酸からのエタノール生産を可能にした。体腔は、低分子物質から高分子物質まで呑み込む巨大な器官で、この機能の応用により、ダイオキシン分解、各種バイオマスからのエタノールやブタノール、プロパノールのようなアルコール燃料への展開などが期待されている。

化石燃料代替エネルギーの生産や地球温暖化対策として、デンプンやセルロースからエタノールを生産する技術について、国内外で研究が進められている。しかし、陸上のバイオマスを原料とした場合は、供給量や運搬、食料との競合性のほか、セルロース分解時の環境負荷などが課題となっている。そこで、本研究では、海に着目し、生研センタープロジェクトの一環として、海洋バイオマスからエタノールを生産する技術の確立を目指した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.