> > トヨタ自動車 米ワイトリシティとEV向け非接触充電技術で提携

トヨタ自動車 米ワイトリシティとEV向け非接触充電技術で提携

記事を保存

トヨタEV向け非接触充電技術のイメージ図トヨタ自動車は、非接触充電技術の開発を行う米ワイトリシティ・コーポレーションと、車両向け非接触充電の実用化および普及促進に向けて技術提携する。

トヨタはワイトリシティの増資の一部を引き受ける。非接触充電技術とは、充電器(送電側)と機器(受電側)とをコードで接続することなく、ワイヤレスに電力を伝送する技術。車両向け非接触充電技術の実用化が進めば、今後トヨタが投入予定のプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)でも、自宅や駐車場に埋め込まれた充電器に車を近づけるだけで受電できるようになり、充電時の利便性を向上させることができる。

ワイトリシティは、非接触充電技術を開発したマサチューセッツ工科大学教授が2007年に設立したベンチャー。同社の非接触充電技術は共鳴方式と呼ばれるもので、携帯電話の充電器などでの実用化が進んでいる電磁誘導方式と比べて、充電器と機器との距離がある場合でも高い効率で電力を伝送することができる。トヨタは、共鳴方式による非接触充電が車両への搭載に適していると考え、ワイトリシティとの技術提携により早期の実用化を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.