> > 三菱重工 稲わらなどから国産バイオ燃料を低コストで製造

三菱重工 稲わらなどから国産バイオ燃料を低コストで製造

記事を保存

三菱重工業は、稲わらや麦わらなどのソフトセルロースから自動車燃料用のバイオエタノールを低コストで製造する技術を確立したと発表した。

本成果は、農林水産省の助成を受け、兵庫県下の農工・産学官連携で進めてきた「兵庫県ソフトセルロース利活用プロジェクト」の技術実証事業で得たもの。ソフトセルロースから、自動車燃料として日本自動車技術会の規格(JASO)に適合するバイオエタノールを製造する一貫技術を確立するとともに、実機規模のエタノールプラントにおける燃料コストの試算などでも、目標とした「1Lあたり90円未満」を達成できる見通しを得た。

また、今回、実証を行ったソフトセルロースから糖を取り出す技術は、エタノール用途だけでなく、バイオプラスチック製造などの基礎原料を作り出す技術としても期待されている。同社は、今後も国内外の企業・研究機関などと連携し、植物原料からバイオ燃料や樹脂などの化学製品を製造するプラント・技術(バイオリファイナリー)の早期商用化に取り組み、独自の技術をベースにした試験機および実用機の受注を目指す計画だ。

今回の実証事業は、兵庫県などと共同で2008年度より実施してきたもの。同社は、白鶴酒造と関西化学機械製作との3社で、バイオエタノール製造工程の実証を担当した。稲わらなどからバイオ燃料を製造する技術は、石油燃料の代替、穀物の価格高騰の誘因となる食糧と競合しない原料の利用、温室効果ガスの排出源となる未利用資源の有効利用を促進する技術として、注目されている。しかし、生産効率が悪く、製造に大きなエネルギー消費を必要とするなどの難点があった。

こうした課題の解決に向けて取り組んだ本事業では、バイオ燃料が安定して製造可能であることを確認するとともに、稲わらや麦わらを原料に使用した場合の最適運転条件を検証、ランニングコストの試算でも所期の目標を達成するなど、大きな成果を得た。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.