> > ホンダ 埼玉県庁に、燃料電池車用のソーラー水素ステーションを設置

ホンダ 埼玉県庁に、燃料電池車用のソーラー水素ステーションを設置

記事を保存

ホンダ燃料電池車用のソーラー水素ステーション(埼玉県)ホンダは、埼玉県と共同で取り組んでいる次世代パーソナルモビリティー実証実験の一環として、埼玉県庁敷地内に「ソーラー水素ステーション」を設置する計画を発表した。

今回の実証実験では、ソーラー水素ステーションと、新たに外部出力電源機能を装備した燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を活用し、ステーションの技術的課題や実際の都市環境下での運用などの検証を行う。

「FCXクラリティ」には、一般家庭約2世帯分の使用電力に相当する10kW以上の外部出力が可能な電源機能を装備。これにより、水素と酸素を反応させて発生する電気を動力源に、CO2を一切排出しない移動可能な発電設備としても活用が可能となる。ソーラー水素ステーションの設置と、FCXクラリティの外部出力電源機能の装備は、今年度中を予定している。

同社と埼玉県は、2009年3月に締結した「環境分野における協力に関する協定」に基づき、2010年12月より電動化技術や情報通信技術などを活用し、将来の低炭素モビリティー社会実現に向けた実証実験を行っている。また、ホンダは、燃料電池を将来の究極のクリーンパワーととらえ、開発に力を入れている。

FCXクラリティについては、2008年7月より米国で、同年11月より日本でリース販売を開始。また、燃料電池自動車の水素供給インフラにおけるCO2を排出しないための取り組みとして、2010年1月からホンダのアメリカの研究施設において、小型・低騒音・低コスト化を実現した家庭用ソーラー水素ステーションを設置し、実証実験を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.