ホンダ 埼玉県庁に、燃料電池車用のソーラー水素ステーションを設置

  • 印刷
  • 共有

ホンダ燃料電池車用のソーラー水素ステーション(埼玉県)ホンダは、埼玉県と共同で取り組んでいる次世代パーソナルモビリティー実証実験の一環として、埼玉県庁敷地内に「ソーラー水素ステーション」を設置する計画を発表した。

今回の実証実験では、ソーラー水素ステーションと、新たに外部出力電源機能を装備した燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」を活用し、ステーションの技術的課題や実際の都市環境下での運用などの検証を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報