> > ホンダ 来年に中国でEV生産開始など、HEV・EVの販売計画を発表

ホンダ 来年に中国でEV生産開始など、HEV・EVの販売計画を発表

記事を保存

ホンダは、2012年を目標に中国で電気自動車の生産を開始するなど、中国におけるハイブリッド車(HEV)・電気自動車(EV)の販売・生産計画を発表した。

中国の自動車市場は世界最大規模で、さらに成長を続けており、同社の販売も好調に推移している。同社は、中国事業を強化するために、中国に新たに研究開発と商品企画の機能を設けたことも明らかにした。今後、中国での部品調達をはじめ、品質・サービスにも力を入れて、中国における基盤づくりを行っていく考えだ。今回の発表は、中国上海で開催中の2011年上海モーターショーにおいて同社の伊東孝紳社長が行った。

HEVについては、現在販売しているシビックのハイブリッドモデルに加え、2012年に東風ホンダからインサイトを、広汽ホンダからCR-Zとフィットを、日本より輸入し販売する計画だ。また、HEVを中国市場により早く、安く供給するために、コア部品であるバッテリーやモーターなどを現地で調達することも視野に入れ、中国生産の準備を進めていく。

EVについては、広州市の広州汽車集団とEVを用いた次世代パーソナルモビリティー実証実験を行うことで基本合意した。この実験を通じ広州市において、同社が開発中のEVの実用性の確認や、普及に向けた社会インフラの検証などを行う。さらに、2012年をめどに中国でEVの生産を開始する予定だ。中国でのEV生産は、国内自動車メーカー初となるとみられる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.