> > ソニー 10年以上の長寿命、急速充電もできる蓄電モジュールを発売

ソニー 10年以上の長寿命、急速充電もできる蓄電モジュールを発売

記事を保存

ソニーは、10年以上の長寿命、高い安全性能、急速充電性能、高い拡張性を持つオリビン型リン酸鉄リチウムイオン電池の蓄電モジュールを量産し、4月下旬より出荷を開始すると発表した。

本製品は、オリビン型リン酸鉄リチウムを正極材料に用いたリチウムイオン電池の蓄電モジュールで、容量は1.2kWh。昨年6月にサンプル出荷を開始し、さまざまな用途における実証実験を経て、今回の量産出荷に至った。同社は、需要が拡大する蓄電ビジネスをリチウムイオン電池ビジネスの新たな柱と位置付けており、今回の1.2kWhの蓄電モジュールでは初年度30000台の販売を見込んでいる。

蓄電システムは、エネルギー利用の効率化を目的とした用途に加え、災害時の非常用電源や電力消費ピーク時の負荷平準化対策としても注目されている。集合住宅やオフィス、学校などに向けて電源システムを組むシステムインテグレーターや、業務用の電源装置を設置する業者などに拡販していく考えだ。

本製品は、多直多並列接続することで、用途に合わせた電圧や容量のカスタマイズが可能で、高電圧・高容量化への拡張にも対応できる。制御機器を併用すると、データサーバー用や携帯電話の無線基地局用のバックアップ電源をはじめ、住宅用蓄電システムなどの各種定置型電源用途としても使用が可能。また、内部に搭載されるオリビン型リン酸鉄リチウムイオン電池の技術により、1時間で90%以上の急速充電や高出力対応ができるため、電気自動車用の充電ステーションなどの用途としての利用も視野に入れる。安全性能として、熱安定性や保存特性に優れているほか、蓄電モジュール内の異常を検知する自己診断機能を搭載した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.