> > 凸版・東洋製罐 リチウムイオン電池用外装材事業で提携

凸版・東洋製罐 リチウムイオン電池用外装材事業で提携

記事を保存

凸版印刷と東洋製罐は、リチウムイオン電池用外装材事業で事業提携すると発表した。両社は、本事業の提携で基本合意し、共同出資による新会社の設立も視野に入れながら協議を進めていく。

協業により、リチウムイオン電池外装材として、ソフトパック(アルミラミネートフィルム)、ハードパック(金属缶タイプ)、ソフトパック用メタル保護ケースまであらゆる種類の外装材を扱う世界初の専門メーカーとなる。両社の技術力・ノウハウを融合して開発基盤を強化するとともに製造・販売の一貫体制を構築し、リチウムイオン電池外装材において、市場ニーズに合った競争力の高い製品の提供を目指す考えだ。

リチウムイオン電池は、携帯電話・スマートフォンやPCに加え、今後、電気自動車やハイブリッド車などのエコカーの本格普及で大幅な市場拡大が見込まれている。また、エネルギーの効率的な利用に向けて、蓄電池はますます重要となると予想される。これに伴い、リチウムイオン電池用外装材についても高い需要が期待されるとともに、更なる用途展開や性能の向上が求められている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.