> > 日立建機など 国内クレジット初、建機の電動化によるCO2排出削減事業

日立建機など 国内クレジット初、建機の電動化によるCO2排出削減事業

記事を保存

日立建機は、石坂産業に電動式油圧ショベル(ZX200-3)を納入し、国内クレジット制度に基づく電動式油圧ショベルを用いたCO2排出削減事業を同社と共同で開始した。

本事業は、建設機械を用いた初めてのCO2削減事業として、3月23日に国内クレジット認証委員会で正式に事業承認された。同社の排出削減事業計画では、エンジン駆動式から電動式へ油圧ショベルを入れ替えることにより、これまでに発生していた年間約137tのCO2排出量のうち64%に当たる87tを削減できると試算している。また、屋内作業場での排ガスゼロ、排出熱の低減など職場環境の改善や、燃料費・エンジンメンテナンス費などランニングコストの大幅低減も見込んでいる。

日立建機は、建設機械や産業車両の省エネ・クリーン化に向けてシステムの高効率化・電動化に取り組んでおり、電動式油圧ショベルはこれまで14機種以上を開発している。電動化による地球温暖化防止への貢献をアピールするために、日立製作所と共に、国内クレジットの活用について検討し、2010年12月に排出削減方法論「電動式建設機械・産業車両への更新」を国内クレジット認証委員会に申請、建設機械の電動化による排出削減方法論が世界で初めて登録された。

国内クレジット制度は、大企業など(排出削減事業共同実施者)による資金や技術の提供を通じて、中小企業など(排出削減事業者)が行った温室効果ガス排出削減量を認証し、自主行動計画の目標達成などに活用できる制度。本事業の枠組みでは、排出削減事業者が石坂産業、事業共同実施者が日立キャピタル、事業関連業者が日立建機となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.