> > 環境エネルギー政策研究所 太陽光・太陽熱・バイオマスで被災地支援

環境エネルギー政策研究所 太陽光・太陽熱・バイオマスで被災地支援

記事を保存

NPO法人環境エネルギー政策研究所は、東日本大震災後、電気やガスのライフラインの復旧が遅れている被災地を支援するために、「つながりぬくもりプロジェクト」を開始した。

本プロジェクトは自然エネルギーを活用し、被災地に電気、お湯、お風呂を届けるというもの。太陽光・太陽熱・バイオマスの3つのエネルギーによる支援を設け、寄付を募る。太陽光発電は、35万円あれば、照明やテレビなどの家電製品を動かす最低限の電力が賄える1kWシステムを避難所や診療所、仮設住宅などに設置できる。

また、太陽熱温水器は、30万円あれば1ヵ所に設置できる。温水器を直接地面に置き、太陽熱で温めたお湯を皿洗いや洗濯に役立ててもらう。

バイオマスによるエネルギー支援では、簡単に作れる「薪かまど」でお湯を提供する。さらに、100万円あれば「移動薪ボイラー車」による巡回風呂サービスが提供できるという。本プロジェクトには、岩手・木質バイオマス研究会やエナジーグリーン、WWFジャパン、バイオマス産業社会ネットワークなどが協力する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.