> > NEDO 2010年度京都メカニズムクレジット取得事業の結果を発表

NEDO 2010年度京都メカニズムクレジット取得事業の結果を発表

記事を保存

NEDOは、政府の委託を受けて2006年度から実施している京都メカニズムクレジット取得事業について、2010年度の結果を公表した。

2010年度における総契約量は、400.0万トン(CO2換算)だった。本事業では、京都議定書目標達成計画におけるクレジットの取得方針を踏まえ、グリーン投資スキーム(GIS)を活用し、ポーランド共和国環境省との間で、400.0万トンの割当量の購入契約を締結した。ポーランドにおいて、公共建物における省エネルギープロジェクトを環境や地域住民に配慮して実施するために、NEDOがポーランド共和国環境省と協力していく。

なお、2006年度の事業開始以降の総契約量合計は、CO2換算で9782.3万トンとなった。また、2010年度の政府へのクレジット移転実績総量は、3380.8万トンで、事業開始以降の政府への移転実績総量は8193.8万トンとなった。

京都議定書目標達成計画におけるクレジットの取得方針として、(1)クレジット取得に伴うリスクの低減を図りつつ、費用対効果を考慮して取得する、(2)温暖化防止、途上国の持続可能な開発への支援を図る、が掲げられている。GISは、京都議定書第17条に基づく排出量取引のうち、割当量等の移転に伴う資金を温室効果ガスの排出削減や環境対策を目的に使用する条件の下で行う、国際的な排出量取引のことをいう。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.