> > 旭化成イーマテリアルズ リチウムイオン電池用セパレータの生産能力を増強

旭化成イーマテリアルズ リチウムイオン電池用セパレータの生産能力を増強

記事を保存

旭化成イーマテリアルズは、宮崎県日向市の日向工場において、リチウムイオン電池用セパレータ「ハイポア」の生産能力を増強すると発表した。設備投資額は約60億円で、商業運転開始は2013年春の予定。今回増強する第4系列は、1系列あたりの生産量として世界最高クラスとなる設計を採用、設備能力は5000万m2/年となる。

「ハイポア」は、ポリオレフィンを原料とした多孔質フィルムで、リチウムイオン電池用セパレータとして世界トップのシェアを有する。同社では、守山工場(滋賀県守山市)と日向工場で「ハイポア」の生産を行っており、現在の設備能力は、守山工場が1億5000万m2/年で、日向工場が2000万m2/年(第1系列)。日向工場では、第2系列(2000万m2/年)が4月に、第3系列(1500万m2/年)が6月に商業運転を開始する予定。第4系列の稼働後の守山・日向両工場トータルの設備能力は約2億5000万m2/年となる。

リチウムイオン電池用セパレータは、同電池の正極・負極間に位置するフィルムで、正極と負極の接触を遮断してショートを防止し、正極・負極間でリチウムイオンを透過させる機能を有する。リチウムイオン電池市場は、ノートPC、携帯電話などの民生用電子機器用途のほか、ハイブリッド車や電気自動車などの車載用途でも大きく成長することが見込まれており、同社ではセパレータ需要の拡大に向け、積極的な事業拡大を図っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.