京セラ イオン伊丹昆陽SCに国内商業施設最大級の太陽光発電を導入

  • 印刷
  • 共有

京セライオン伊丹昆陽SC(ショッピングセンター)に太陽光発電システムを納入京セラは、3月22日にグランドオープンする大型ショッピングセンター(SC)「イオン伊丹昆陽SC」(兵庫県伊丹市)の屋上全面に、京セラ製の太陽光発電システム960kWが導入されたと発表した。国内商業施設では最大級の太陽光発電システムの容量(出力)となる。

今回、同SCには全体で1160kWの太陽電池モジュールが設置された。京セラ製の約4300枚の太陽電池モジュールは、そのうちの約8割を占める。京セラ製システムによる年間発電電力量は、一般家庭の約210世帯分に相当する約99万kWhで、年間CO2排出削減効果は約310tとなる見込み。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報