> > ニチコン 名神高速道路SAに創エネ・蓄エネ型急速充電システムを設置

ニチコン 名神高速道路SAに創エネ・蓄エネ型急速充電システムを設置

記事を保存

ニチコン(京都府京都市)は、太陽光発電と蓄電の機能を備えた電気自動車(EV)向け急速充電システムを名神高速道路の吹田サービスエリア(SA)に設置し、大阪府、西日本高速道路、日本ユニシスとともに「EV用蓄電池併用急速充電システム実証調査事業」として実証実験を開始する。

今回、ニチコンが開発したのは、「創エネ」&「蓄エネ」型急速充電システム。全国の高速道路では初めての設置となる。本システムでは、太陽光発電による電力を蓄電し、系統電力と合わせてEVへ充電することで、設置に伴う高額な受電設備工事や電力契約の変更が不要となり、初期投資費用と維持管理費用の大幅低減につなげることができる。また、受電設備容量に余裕がなくても設置可能なため、高速道路のSAや過疎地域で撤退が相次ぐガソリンスタンド跡地を活用した、充電インフラの整備が期待される。本システム1基で、急速充電と普通充電をそれぞれ1台ずつ同時に行うことができる。

ニチコンは、これまでに太陽光発電や風力発電による電力をリチウムイオン電池に蓄電する系統連系円滑化蓄電システムなどの開発に取り組んできた。これらの技術を活用し、昨年までに京都府下の4ヵ所に太陽光発電・蓄電機能付EV充電設備を納入している。

なお、日本ユニシスは、本実証調査において、急速充電システムの利用者認証や予約管理システムとして、EV・プラグインハイブリッド車(PHV)向け充電インフラシステムサービス「smartoasis®(スマートオアシス)」を提供する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.