ニチコン 名神高速道路SAに創エネ・蓄エネ型急速充電システムを設置

  • 印刷
  • 共有

ニチコン(京都府京都市)は、太陽光発電と蓄電の機能を備えた電気自動車(EV)向け急速充電システムを名神高速道路の吹田サービスエリア(SA)に設置し、大阪府、西日本高速道路、日本ユニシスとともに「EV用蓄電池併用急速充電システム実証調査事業」として実証実験を開始する。

今回、ニチコンが開発したのは、「創エネ」&「蓄エネ」型急速充電システム。全国の高速道路では初めての設置となる。本システムでは、太陽光発電による電力を蓄電し、系統電力と合わせてEVへ充電することで、設置に伴う高額な受電設備工事や電力契約の変更が不要となり、初期投資費用と維持管理費用の大幅低減につなげることができる。また、受電設備容量に余裕がなくても設置可能なため、高速道路のSAや過疎地域で撤退が相次ぐガソリンスタンド跡地を活用した、充電インフラの整備が期待される。本システム1基で、急速充電と普通充電をそれぞれ1台ずつ同時に行うことができる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報