> > 三菱商事・日立など スペインのスマートコミュニティ実証事業に参画

三菱商事・日立など スペインのスマートコミュニティ実証事業に参画

記事を保存

三菱商事、三菱重工業および日立製作所は、NEDOが行う「スペインにおけるスマートコミュニティ実証事業」において、事前調査(FS)および実証研究の委託先に選定されたと発表した。

FSを2011年7月29日まで実施し、事業化評価を経て、実証研究を2016年3月末まで行う予定。本事業は、NEDOのスマートコミュニティに関する海外共同実証事業としては、米・ニューメキシコ州、仏・リヨンに続き、3件目となる。

具体的には、FSでは、スペイン南部のアンダルシア州マラガ市を中心とした実証地域において、都市全体のCO2排出量の定量化と、その削減施策を検討する。次に、実証研究では、CO2排出量の削減に高い効果が期待される交通と電力に焦点を当てて、電気自動車(EV)の普及に必要なEVインフラの構築、給電に必要なスマートグリッドなどの電力システムの導入、およびEVインフラと電力システムの連携を可能にするICTプラットフォームの整備。これらを統合的に運用する実証を開始する。

また、本実証事業では、NEDOとスペイン政府・産業技術開発センター(CDTI)が共同支援を行う「ジャパン・スペイン・イノベーション・プログラム(JSIP)」の下、スペインの電力最大手であるエンデサ社と通信最大手であるテレフォニカ社を中心としたスペイン企業グループがパートナーとなる。ITS分野での実績を持つ三菱重工業と、電力マネジメントシステムやICTシステムでの実績を持つ日立製作所が、インフラのインテグレーションとソリューションの提供を行い、三菱商事がこれら技術をパッケージング。日本の新たな成長産業の育成につなげることを目指し、スマートコミュニティ関連技術の構築とその導入効果を実証し、事業化、グローバル展開を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.