> > 日新電機 太陽光発電と蓄電池を備えたEV用急速充電ステーションを開発

日新電機 太陽光発電と蓄電池を備えたEV用急速充電ステーションを開発

記事を保存

日新電機は、太陽光エネルギーを利用した電気自動車(EV)用急速充電設備「ECO急速充電ステーション」を開発した。

本製品は、鹿児島県が低炭素化社会の先進的な地域づくりとして推進する「屋久島CO2フリーの島づくり」の取り組みにおいて、屋久島の地域特性を活かしたEVの充電インフラ整備を検討する実証実験に使用される。また、6月より本製品の販売を開始する予定だ。今後、充電インフラの整備を進める自治体に対して提案活動を展開し、2011年度は2.5億円の売上を見込む。

本製品は、太陽光発電による電力を蓄電池に蓄えることで、家庭用電源でも電力の供給が可能な、最小限の電力(数kW)の供給により急速充電の実現を目指した。通常、急速充電を行うには大容量電源として高圧での受電が必要だが、本製品では高圧機器の導入や契約電力の変更、大掛かりな受電工事が不要となる。また、設置環境や顧客の要望に合わせて、太陽光発電容量は1.2kWから5kWまで対応し、蓄電池の容量も増減が可能。蓄電池は太陽光発電からの電力が不足した場合、商用電力からも充電することができる。太陽光発電システム、蓄電システム、急速充電器を一体化したカーポートタイプ品をラインナップし、設置も容易にした。

本製品にはEV用バッテリーを約30分で80%充電できる急速充電器と、200V普通充電コンセントを標準装備。コンセントは、急速充電器のメンテナンス時や蓄電池充電容量低下時のバックアップ用の電源として利用可能で、急速充電器との同時使用もできる。さらにオプションとして、充電インフラ設備の位置情報や課金などの各種情報システムとの通信機能を用意した。

同社は、駐車場メーカーの日信防災と共同開発した駐車料金精算機連動タイプの普通充電器「EVMATE」や、太陽光発電システムと蓄電池を使った停電対策装置などの実績や技術を適用して、本製品を開発した。「屋久島CO2フリーの島づくり」の実証実験では、2月初旬から5月8日までの期間、鹿児島県屋久島町役場尾之間支所に本製品を設置。太陽光パネルの発電量、急速充電器の利用状況、蓄電池の充放電容量などのデータを収集し、屋久島内に充電設備を設置する際の適正な太陽光発電や蓄電池の最適容量を調査する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.