> > パナソニック 英国ブリティッシュガスにHIT太陽光パネルを供給

パナソニック 英国ブリティッシュガスにHIT太陽光パネルを供給

記事を保存

パナソニックは、英国エネルギー大手のブリティッシュガスに対し、パナソニックグループのHIT太陽光パネルを供給することで合意したと発表した。

ブリティッシュガスは、独自のビジネススキーム「ルーフリーススキーム」にHIT太陽光パネルを採用し、民間や公営住宅の顧客が初期投資なしで太陽光パネルを設置できるサービスを提供する。また、本スキームでは、住居オーナーは、ブリティッシュガスが獲得したフィードインタリフ(エネルギーの固定価格買取制度)により、太陽光パネルから得られた電力を無料で使用できる。太陽光パネルを設置している家庭は、電気代の削減とフィードインタリフを合わせて年間約600ポンド(約81000円)の節約、大きなシステムになると最高1000ポンド(約135000円)の節約が期待できるという。

HIT太陽光パネルは、三洋電機が独自開発した、単晶シリコン基板とアモルファスシリコン薄膜を用いたハイブリッド型の太陽電池で、世界トップクラスの変換効率を誇る。省スペース化・軽量化を実現し、単位面積あたりの発電量が大きいため、小さい住宅の狭小屋根でも十分な発電量を得ることができる。ブリティッシュガスは、同太陽光パネルが「ルーフリーススキーム」に適しているとして、今回の契約合意に至った。両社は、これまで16年間にわたり、主にノートパソコンなどの供給で提携してきた経緯がある。

英国では2010年4月より、フィードインタリフ制度を導入。太陽光パネルの設置件数が順調に増加しており、今後の拡大も期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.