> > JMエナジー リチウムイオンキャパシタの内部抵抗を1/3に低減

JMエナジー リチウムイオンキャパシタの内部抵抗を1/3に低減

記事を保存

JSRグループのリチウムイオンキャパシタ事業会社であるJMエナジーは、ラミネート型リチウムイオンキャパシタの内部抵抗を従来の1/3まで低減した新製品を今春発売すると発表した。

新製品は、従来品に電極材料などの改良を加えて低抵抗化を図り、充放電の際に起こるエネルギーロスを約1/3に減少した。また、屋外用としてキャパシタを導入する顧客などの要望に応え、低温での静電容量の変化を大幅に改善し、従来品比で-20℃の静電容量を20%、-30℃では50%向上させた。JSRグループでは、停電時のバックアップ用電源、電圧の平準化、ピーク電流アシスト、エネルギー回生などに加えて、これまで抵抗値が課題で適用が難しかった分野へのリチウムイオンキャパシタの展開を進めていく考えだ。

リチウムイオンキャパシタは、リチウムイオン電池と電気二重層キャパシタの2つの蓄電池を組み合わせたハイブリッドタイプの蓄電デバイス。太陽光発電や風力発電など、自然エネルギーを用いて発電した電力を一時的に蓄え、発電量が減ったときに放電し、電力系統の安定化などを実現する大容量の蓄電デバイスなどとして、近年、リチウムイオン電池とともに注目を集めている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.