> > 東京ガス・パナソニック 高効率で約70万円低価格のエネファームを発売

東京ガス・パナソニック 高効率で約70万円低価格のエネファームを発売

記事を保存

東京ガス・パナソニック新型エネファーム東京ガスパナソニックは、家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品を共同で開発したと発表した。パナソニックが製造し、東京ガスが4月1日から発売を開始する。

新製品は、定格発電効率40%(低位発熱量基準:LHV)で、世界最高の定格発電効率37%以上(LHV)の現行品よりも発電効率を向上させた。また、発電を行う「燃料電池ユニット」のシステム構成の簡素化と「スタック」などの基幹部品の30~40%の小型化により、現行品よりも価格が約70万円下がった。新製品の希望小売価格は276万1500円(税込、設置工事費別)。

他にも、新製品は、設置に必要な面積を現行品と比べ最大で約1/2に削減するとともに、リモコン表示を大型化し見やすくするなど利便性を高めている。2011年度は、パナソニックが今年度比2倍となる年間6000台以上の生産体制を構築し、東京ガスは販売目標として同比2倍となる5000台を目指す。

「エネファーム」は、都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電し、発電した電気を家庭内で利用するとともに、そのとき発生する排熱も給湯や暖房に利用する。電気を使う場所で電気をつくるため、送電ロスがない。火力発電所からの電気と、都市ガス給湯暖房機からの給湯・暖房を行う方式と比べると、定格発電時にCO2排出量を約48%削減、一次エネルギー消費量を約35%削減できると試算されている。一戸建ての標準家庭の場合は、年間の光熱費を約5~6万円節約、年間のCO2排出量を約1.5トン削減できる。「エネファーム」は、2009年5月に世界で初めて一般販売を開始。2011年1月末までに、パナソニックが累計約5000台を出荷し、そのうち東京ガスが累計約4000台を販売している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.