> > 日立 約40億円を投じ、風力発電用発電機の製造能力を1.7倍に拡充

日立 約40億円を投じ、風力発電用発電機の製造能力を1.7倍に拡充

記事を保存

日立製作所は、日立事業所山手工場(茨城県日立市)において、風力発電用の発電機製造工場の新棟を1月27日に竣工したと発表した。今後、段階的に増産体制の構築を進め、風力発電用発電機の製造能力を、2013年までに現在の1.7倍となる年産2400台へ増強する。新棟建設と増産体制の構築への投資額は約40億円。

CO2排出抑制に有効な自然エネルギーの活用が進むなか、風力発電の世界市場(発電出力ベース)は、2009年の160GWから2014年には445GWにまで増加すると見込まれており、風力発電用発電機の需要もグローバルに拡大していくことが予想されている。同社は、風力発電用発電機の事業拡大により、2015年度には世界シェアトップクラスの6%以上を目指す。

風力発電を含む新エネルギー事業は、日立グループが推進している重要な事業分野の一つ。風力発電分野では、出力の不安定な風力電源を安定的に電力系統につなぐ日立独自の「電力優先制御システム」を強みとしている。また、同社は、富士重工業と共同開発した、山や丘の下から吹き上げてくる風を受け止めて発電するダウンウィンド型として世界最大の定格出力2000kWの風力発電システムの拡販に力を入れている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.