> > ホンダ 家庭用小型コージェネレーションシステムをドイツで発売

ホンダ 家庭用小型コージェネレーションシステムをドイツで発売

記事を保存

ホンダは、ドイツの暖房・給湯機器専門メーカーであるバイラント社と共同開発した家庭用小型コージェネレーション(熱電併給)システム「エコパワー1.0」を、2011年中をめどにドイツで販売すると発表した。

本製品は、1kWの電力と2.5kWの熱を作り出す、家庭用に適した小型・軽量・高効率のシステム。CO2排出量については、最大約50%の低減効果を見込む。ドイツでは、2009年1月に新CHP(コージェネレーション)法を施行し、コージェネレーションシステムの普及を推進しており、購入後は電気税の免除や、エネルギー会社による電力買い取り支援などの補助を受けることができる。現在の同国の小型コージェネレーションシステムは、レストランやホテルなどの小規模商業施設向けが主体となっており、一般家庭向けに1kWクラス以下の小型システムの普及が期待されている。同国においては、バイラント社が本製品の販売を担当し、主に一般の戸建て住宅向けに拡販を図る。

コージェネレーションは、ひとつのエネルギーから2つ以上のエネルギーを取り出し、冷暖房や給湯などに利用するシステム。本システムは、ホンダの家庭用小型コージェネレーションユニットと、バイラント社の暖房・給湯ユニットと組み合わせた。ホンダのコージェネレーションユニットは、日本では2003年に発売を開始し、各ガス会社を通じて累計10万世帯以上で利用されている。2007年からはECR社を通じて米国でも販売している。ホンダは今回のユニットに、新開発の天然ガスエンジンと正弦波インバーターを組み合わせ、家庭用に適したシステムとして開発した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.