> > 古河電工 リチウムイオン電池用電解銅箔の生産能力を3倍に増強

古河電工 リチウムイオン電池用電解銅箔の生産能力を3倍に増強

記事を保存

古河電工は、リチウムイオン電池用電解銅箔の生産能力を、2013年までに現在の約3倍の月産1500tに増強すると発表した。

まず、3月に台湾において、同製品の製造・販売を行う新会社を設立する。投資金額は69億円で、生産能力は月産500t。2012年9月の稼動を予定している。また、今市工場において、既存設備の改造による効率化を行い、2012年3月までに、電池用銅箔の生産能力を現行の月産550tから約1000tに増強する。

リチウムイオン電池は、携帯電話やノートパソコン等の民生用電池分野に加えて、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)の急激な普及に伴う自動車向けの需要増が見込まれている。その主要部材である電解銅箔についても生産体制の拡充が急務となっていた。リチウムイオン電池用電解銅箔における同社の世界シェアは約40%以上でトップ。2013年7月時点で電池用銅箔の生産能力を月産1500t体制とし、世界シェア60%の獲得を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.