> > 三井金属 車載向けリチウムイオン電池用正極材料の生産設備を新設

三井金属 車載向けリチウムイオン電池用正極材料の生産設備を新設

記事を保存

三井金属は、車載向けリチウムイオン電池用マンガン系正極材料の生産設備を竹原製煉所(広島県竹原市)に新設すると発表した。投資金額は約70億円で、生産能力は年産12000t。2012年度に供給を開始する予定だ。

電気自動車やハイブリッド車など、エコカー市場の急速な立ち上がりに伴い、リチウムイオン電池とともにその関連部材市場の急拡大が見込まれている。同社が製造するマンガン系正極材料はリチウムとマンガンの酸化物で、リチウムイオン電池の主要部材である正極材に使われている。同社では現在、竹原製煉所において、電動工具や携帯電話向けのマンガン系正極材料を月産80tレベルで製造している。今回の措置は車載向けの需要に対応するもので、新規に生産設備を設置し、従来比で約10倍の大幅な増強を図る。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.