> > フォルクスワーゲン 同社初のハイブリッド車として新型SUVを発売

フォルクスワーゲン 同社初のハイブリッド車として新型SUVを発売

記事を保存

フォルクスワーゲングループジャパンは、SUV(多目的スポーツ車)「トゥアレグ」をモデルチェンジし、2月17日より発売すると発表した。新型トゥアレグには、同社初のハイブリッドモデルをラインナップする。

トゥアレグは、国内では2003年9月に発売され、10000台以上販売されている。今回発売するのは、ハイブリッドモデル「トゥアレグハイブリッド」と、3.6LV6(V型6気筒)独自のFSIエンジン搭載モデル「トゥアレグV6」の2グレード。ハイブリッドモデルは、従来のV8(V型8気筒)エンジン搭載車と同等の走行性能で、10・15モード燃費は2倍以上の13.8km/L、V6モデルは旧型比38%アップの9.5km/Lを実現した。希望小売価格(税込)はハイブリッドモデルが898万円、V6モデルが623万円。ともにエコカー減税対象で、ハイブリッドモデルで約48万円(100%減税)、V6モデルで約17万円(50%減税)の減税となる。

「トゥアレグハイブリッド」は、小型でシンプルな構造のパラレルハイブリッドシステムを採用。エンジンと電気モーターおよびギヤボックスを直列にレイアウトし、エンジンと電気モーターの間にはクラッチを配置した。低速時や低負荷走行中にはエンジンが停止し、電気モーターのみで走行できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.