> > 大日本印刷 リチウムイオン電池と太陽電池部材の生産を3倍に拡大

大日本印刷 リチウムイオン電池と太陽電池部材の生産を3倍に拡大

記事を保存

大日本印刷は、福岡県北九州市にリチウムイオン電池と太陽電池の部材を生産する戸畑工場を新設し、生産能力を約3倍に増強する。新工場への投資額は約60億円で、2011年4月の稼働予定。同社は、今回の対応により、エネルギー関連部材で2013年度に300億円の売上げを見込む。

今回、生産能力を増強するのは、リチウムイオン電池の外装材であるソフトパックと太陽電池用バックシート・封止材。同社は、これまで培ってきた材料加工技術などの印刷技術を活かして、リチウムイオン電池や太陽電池の部材を開発し、国内外のメーカーなどに提供している。近年、電気自動車などのエコカーやスマートフォンなどのモバイル機器などで利用されているリチウムイオン電池と、クリーンエネルギーとして普及が進む太陽電池の需要が急拡大している。

同社は、リチウムイオン電池用ソフトパックは京都工場(京都府京都市)で、太陽電池用部材は泉崎工場(福島県西白川郡)で製造しているが、生産拠点を新設し、拡大する市場に対応する。今後も、リチウムイオン電池や太陽電池の市場拡大に合わせ、戸畑工場に製造設備の増設を行う計画だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.