> > 旭硝子 太陽電池電極向けに、鉛フリーの焼結用粉末ガラスを販売

旭硝子 太陽電池電極向けに、鉛フリーの焼結用粉末ガラスを販売

記事を保存

旭硝子(AGC)は、結晶シリコン系太陽電池用電極向けに、鉛フリーの焼結用粉末ガラスの販売を開始すると発表した。同市場は、2015年には30億円に拡大するとみられている。同社は、本製品の発売により、EU内で電気電子製品の有害物質を規制する「RoHS指令」をはじめとする各種環境規制に対応し、同市場で40%のシェア獲得を目指す。

結晶シリコン系太陽電池セルの電極は、アルミや銀などの金属ペーストをシリコン基板上へ塗布し、加熱して固める「焼結成型」によって製造されている。その際、焼結用粉末ガラスを金属ペーストに数%添加することで、金属とシリコンの密着性、電気特性、経時耐久性を高め、焼成後のシリコン基板の反りを抑制することができる。そのため、焼結用粉末ガラスは、太陽電池セルの特性を左右する材料となっている。従来、これらの効果を得るために、焼結用粉末ガラスには、鉛を含有するガラスが使用されていた。

同社は、様々な組成を持った鉛フリーの焼結用粉末ガラスの開発を行っており、今回は、ビスマス系の組成を持つ鉛フリーのガラスを市場へ投入する。本ガラスは、従来の鉛入りガラスに比べて2倍以上の耐酸性を持ち、太陽電池電極用として高い性能を有しているという。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.