> > ホンダ 埼玉県に続き、熊本県でもEVやPHVを利用した実証実験を実施

ホンダ 埼玉県に続き、熊本県でもEVやPHVを利用した実証実験を実施

記事を保存

ホンダ 実証実験車両とソーラー充電ステーションホンダは、熊本県と共同で実施する電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、電動二輪車、電動カートなど、次世代パーソナルモビリティーを用いた実証実験計画を公表し、実証実験で使用する車両やソーラー充電ステーションなどを公開した。

同社は、2010年8月に熊本県と締結した「次世代パーソナルモビリティーの実証実験に関する包括協定」に基づき、10月より熊本市と共同で電動カートによる実証実験を開始。さらに今後、水俣市、阿蘇エリア、天草エリアにおいても、低炭素モビリティー社会実現に向けた効果検証を行う。内容としては、EVやPHVの実験車両、電動二輪車「EV-neo」、電動カート「モンパルML200」などの電動車両を用いて次世代パーソナルモビリティーの実用性、利便性の検討を行うほか、太陽光発電など再生可能エネルギーの活用の効果、地域社会における県民の生活の質(QOL)向上に貢献できる将来のパーソナルモビリティーのあり方などの検証が実施される。なお、同実験は、12月15日に米国カリフォルニア州、12月20日に埼玉県と実証実験を開始し、今後は中国での展開も検討している。

具体的には、熊本市では、高齢者施設でのモンパルML200の共同利用などによるQOL定量評価、市民や観光客へのEV-neoのレンタル、充電設備の設置場所の最適化を行う。水俣市でも、熊本市と同じく市民や観光客へのEV-neoのレンタル、充電設備の設置場所の検討を実施。阿蘇エリアでは、観光客に対してPHVやEV-neoを貸し出し、移動機会を創出する。天草エリアでは、島内の移動を目的として、EVを用いた移動利便性の検証を行う。

埼玉県の実証実験では、都市のライフスタイルに合わせた電動モビリティーの可能性を探るのに対し、熊本県では、観光産業と組み合わせたり、移動利便性の向上を目的とした動きが中心になりそうだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.