> > ホンダ 埼玉県と共同でEVやPHVを利用した実証実験を実施

ホンダ 埼玉県と共同でEVやPHVを利用した実証実験を実施

記事を保存

ホンダ 実証実験車両とソーラー充電ステーションホンダは、埼玉県と共同で実施する電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、電動二輪車、電動カートなど、次世代パーソナルモビリティーを用いた実証実験の計画を公表し、実証実験で使用する車両やソーラー充電ステーションを日本で初公開した。

同実験は、2009年3月に埼玉県とホンダで締結した「環境分野における協力に関する協定」に基づき、電動化技術と情報通信技術を活用した将来の低炭素モビリティー社会実現に向けた効果検証を、さいたま市・熊谷市・秩父市と行うもの。内容としては、EVやPHVの実験車両、電動二輪車「EV-neo」、電動カート「モンパルML200」などの電動車両を用いて、次世代パーソナルモビリティーの実用性や利便性の検証を行うほか、太陽光発電など再生可能エネルギーの活用の効果検証、情報通信技術の活用による使い勝手や利便性の検証などが実施される。なお、同実験は、日本に先駆け12月15日に米国カリフォルニア州で行われ、今後は中国での展開も検討している。

具体的には、さいたま市では、都市部の駅周辺を拠点とした「EV-neo」やEVの共同利用など、都市型移動スタイルと、住宅地における電動車両の低騒音価値を検討。熊谷市では、大都市近郊の都市という特徴を活かし、籠原駅を拠点に、パーク&ライドに対するEVやPHVの適合性の検証と移動利便性の実証を実施。秩父市では、市の目指す「市民協働型のまちづくり」と連携し、モンパルを用いて高齢者の移動機会の創出と利便性の向上策の検討を行う。

同実験に使用される車両は以下の通り。EVは、フィットをベースに、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」の同軸モーターなどの電動化技術と、東芝製のリチウムイオンバッテリーを搭載したもの。充電時間は200V電源で6時間以下、航続走行距離は160km以上。PHVは、専用開発した高効率・低燃費なエンジンと2つの高出力モーターを組み合わせ、「モーター走行」「ハイブリッド走行」「エンジン走行」の3つのモードでの走行が可能。また、ブルーエナジー製のリチウムイオンバッテリーを搭載し、EV走行で15~25kmの航続走行距離を実現。電動二輪車は、12月24日よりリース販売を開始する、スクータータイプの「EV-neo」を使用。電動カートは、快適な乗り心地と高い操縦安定性を両立させた「モンパルML200」を使用する。

また、ホンダ和光本社ビルにソーラー充電ステーションを新たに設置。ホンダソルテック製の太陽電池モジュールを活用した充電ステーションと、情報通信技術との連携により、様々な検証を行う。さらに、四輪車向けに展開している情報ネットワークサービス「インターナビ・プレミアムクラブ」の機能を活用し、実証実験車向けの充電サポートサービスなども検証する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.