> > JR東日本 山手線にLED照明を搭載した車両を投入

JR東日本 山手線にLED照明を搭載した車両を投入

記事を保存

JR東日本は、12月15日以降、山手線にLED照明を搭載した車両を試行的に導入すると発表した。今回、山手線車両(1編成11両)の客室内すべての蛍光灯をLED照明に取り替える。採用するLED照明は、現行の蛍光灯具本体ごと交換するタイプと、現行の灯具の蛍光管のみを交換するタイプの2種類。車両のLED照明化により、1編成で1年間あたり、現行の蛍光灯に比べ約40%の消費電力と、それに伴うCO2排出量を約12t削減できる見込み。

鉄道車両の天井部に設置する部品は、火災対策として不燃性能が求められる。同社は、グループ会社と共同で鉄道車両に搭載可能なLED照明の開発を進めてきた。今回、「鉄道車両用材料の燃焼性規格」の「不燃性」などの基準に適合するLED照明を開発し、試行的な導入に至った。

JR東日本は、昨年1月から今年2月までに、首都圏を中心に、120駅の1800台の案内掲示器についてLED化を実施。案内掲示器の光源を蛍光灯からLEDに変更することで、消費電力を60%削減できると試算している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.