> > 帝人ファイバー 世界初、バイオ由来のPET繊維「PLANTPET」を展開

帝人ファイバー 世界初、バイオ由来のPET繊維「PLANTPET」を展開

記事を保存

帝人ファイバーは、2012年4月より、新たな環境対応素材であるバイオ由来PET「PLANTPET」を、ポリエステル繊維製品の原料として本格展開する。バイオ由来のPET繊維の展開は世界初だという。同製品は、サトウキビから作られるバイオ燃料を原料とし、PET樹脂を構成する成分の一部を置き換えたもの。PET樹脂の一部であるエチレングリコールをバイオ由来とすることで、化石資源の消費を抑えるとともに、温室効果ガスの削減効果もある。今後、自動車用シート・内装材、衛生材料などの用途に向けて展開する。販売目標は、2012年度3万トン、2013年度5万トン、2014年度7万トン。

PLANTPETの特長は以下の通り。PET樹脂を構成する成分の30%強がバイオ由来。また、物性・品質は、石油由来のPETと全く同等だという。さらに、循環型リサイクルシステム「エコサークル」を活用することで、製品を分子レベルまで分解し、石油由来のものと同等品質の製品にリサイクルすることが可能だ。

同社は、独自のポリエステルテクノロジーを活用し、バイオマテリアル(脱石化資源)、リサイクル(物質循環/易リサイクル設計)、機能素材(環境配慮/快適性付与)、製造プロセス革新(環境負荷の低減)を組み合わせたハイブリッド戦略を推進している。特に、「環境負荷を低減するソリューションを提供する」という基本方針のもと、ポリエステル製品の循環型リサイクルシステムや環境対応素材を積極的に展開しており、今後はPLANTPETをバイオマテリアルの中核素材として本格展開する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.