オプテックス LEDと太陽電池搭載、CO2排出ゼロのセンサライトを発売

  • 印刷
  • 共有

オプテックス(滋賀県大津市)は、利便性を向上させた便利灯「ソーラー式LEDセンサライトLA-30LED」を2011年1月11日より発売する。

本製品は、人が近づくと自動的に点灯し、一定時間を過ぎると自動的に消灯するセンサライト。省エネ効果も高く、年間消費電力は0.05kW。また、消費電力の低いLED電球と太陽光発電の搭載により、CO2排出量ゼロと長寿命化を実現した。従来品の場合、太陽光でフル充電にしても連続点灯時間は30分だったが、LED電球の採用により連続点灯時間を業界最高レベルの150分に伸ばした。これにより、天候不順などで充電しにくい環境になっても、1日20分間の使用なら1週間、1日5分間の使用なら1ヵ月間利用できることになる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事