> > オプテックス LEDと太陽電池搭載、CO2排出ゼロのセンサライトを発売

オプテックス LEDと太陽電池搭載、CO2排出ゼロのセンサライトを発売

記事を保存

オプテックス(滋賀県大津市)は、利便性を向上させた便利灯「ソーラー式LEDセンサライトLA-30LED」を2011年1月11日より発売する。

本製品は、人が近づくと自動的に点灯し、一定時間を過ぎると自動的に消灯するセンサライト。省エネ効果も高く、年間消費電力は0.05kW。また、消費電力の低いLED電球と太陽光発電の搭載により、CO2排出量ゼロと長寿命化を実現した。従来品の場合、太陽光でフル充電にしても連続点灯時間は30分だったが、LED電球の採用により連続点灯時間を業界最高レベルの150分に伸ばした。これにより、天候不順などで充電しにくい環境になっても、1日20分間の使用なら1週間、1日5分間の使用なら1ヵ月間利用できることになる。

さらに、円状の独自構造によるオリジナルLED電球の採用と灯体側反射ミラーの活用により、真下だけでなく周辺部にも充分な光の配光を可能にした。周辺部分が暗くなる傾向があった従来のLED電球の課題を解決し、ハロゲン電球タイプと同等の配光で広範囲を照射する。事務所や工場の入り口をはじめ、駐車場・駐輪場、戸建住宅の庭やカーポートなど、人や車の出入りのある場所の便利灯や不法侵入者を威嚇する防犯灯としての利用を見込む。希望小売価格は、28350円(税込)。2011年は15000台の販売を目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.