> > エス・バイ・エル CO2排出ゼロ住宅の実現に向けて実証実験を開始

エス・バイ・エル CO2排出ゼロ住宅の実現に向けて実証実験を開始

記事を保存

住宅メーカーのエス・バイ・エルは、12月12日にオープンする岐阜県庁前展示場(岐阜県岐阜市)において、戸建住宅で自然エネルギーを活用する技術開発の実証実験を開始する。

本事業は、同社が住宅のライフサイクル全体でのCO2排出ゼロをめざす「エス・バイ・エル CO2ゼロ宣言」の実現に向けて実施するもので、1.光熱費の見える化システム、2.独立系直流LED照明システム、3.自然光を活用した光ダクトシステム、4.太陽光発電パネルと採光パネル、太陽熱集熱パネルを統一した建材型一元パネルの実証実験で構成される。戸建住宅では、光ダクトシステムと建材型一元パネルの実証実験は初となる。

具体的には、光熱費の見える化システムでは、1日の各部屋での発電量、ガス・電気・水道の使用量、CO2排出量等全ての光熱費を可視化し、居住者への省エネの促進を図る。独立系直流LED照明システムでは、昼間に太陽光発電で発電された電力(直流)を蓄電し、夜間に直流電流のままLED照明に利用する。防犯灯、玄関灯、廊下灯などの基礎照明エネルギーゼロを実現するために、発電量、蓄電量、照明負荷などを検証する。光ダクトシステムは、自然光を高効率反射鋼鈑によるダクトを通して室内や地下空間等の採光として使う技術で、太陽光が届きにくい空間にダクトを通して自然光を導くことで、昼間の照明エネルギーの削減を図る。直接的な太陽光との光要素(熱量、紫外線、光束等)の違いを測定し、居住者の健康や暮らしへの影響度を検証する。建材型一元パネルとは、太陽光発電パネル、採光パネル、太陽熱集熱パネルを統一したデザインにしたもの。これまでパネルごとに業界や規格が異なっていたものを、エス・バイ・エルで一元パネル化を図り、デザイン性を向上させる。

同社は、2009年1月に発表した「エス・バイ・エル CO2ゼロ宣言」で、2011年度末をめどに、住宅に関する資材調達から工場生産・輸送・建築・居住・解体・廃棄に至る一連のプロセスで発生するCO2排出量・抑制量を合計して「±0」にすることを目標として掲げている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.