> > 三洋電機 世界トップのセル変換効率21.6%のHIT太陽電池を欧州で発売

三洋電機 世界トップのセル変換効率21.6%のHIT太陽電池を欧州で発売

記事を保存

三洋電機は、世界No.1となるセル変換効率21.6%のHIT®太陽電池を、来年2月より欧州で発売する。HIT®太陽電池は、同社の独自開発による太陽電池で、単晶シリコン基板とアモルファスシリコン薄膜を用いたハイブリッド型。これまで、同社の商品ではセル変換効率21.1%が最高だったが、HIT®接合部等の最適化により0.5%の高効率化を実現した。また、この高効率のセルと新タブデザイン、ARコートガラスの採用により、モジュール変換効率で19.0%を達成した。

モジュールに採用した新タブデザインでは、太陽電池セル間を接続しているタブを従来の2本から3本にすることで電気的ロスを低減。さらに1本当たりのタブの幅を細線化することで太陽電池セルの受光面積を拡大し、より太陽光を取り込めるようにした。HIT®太陽電池は温度特性にも優れており、一般的な結晶系シリコン太陽電池と比べると、高温時の出力の低下が少ないため、設置面積あたりの年間予測発電量が約44%向上するという。また、HIT®太陽電池は表裏対称構造で両面発電が可能という特徴も備え、両面発電型太陽電池モジュール「HIT®ダブル」もラインナップしている。

高効率な商品は、住宅の屋根など限られた設置面積でもより多くの発電量を得られ、欧州各国に導入されている電力買い取り制度であるFeed-inTariff制度(FIT)に対してのメリットが大きい。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.