> > 国際航業グループ グリーン・エネルギー事業でベンチャーと資本業務提携

国際航業グループ グリーン・エネルギー事業でベンチャーと資本業務提携

記事を保存

国際航業グループは、ナノオプトニクス・エナジー(NOE:京都市左京区)とエネルギー・情報グリッド事業、およびこれに付随する事業を対象とする資本業務提携を締結したと発表した。同社は、NOEに対して1億円(3.5%)の出資を行った。本業務提携により、国際航業グループはNOEが鳥取県で進めている「ガイナーレソーラープロジェクト」に参画するほか、NOEとともにグリーン・エネルギー分野で自治体との連携による新しい地域活性化ビジネスモデルの展開を目指す。

ガイナーレソーラープロジェクトは、NOEが推進する地域活性化プロジェクト。同社が製造する太陽光発電システム「ガイナーレソーラー」(GS)を、地元業者を通じて各家庭へ販売・設置。その「GS」の販売収益の一部を山陰地方唯一のプロサッカークラブである「ガイナーレ鳥取」をサポートする資金として地域に還元するというもの。また、GSの購入資金は、金融機関が開発した「ソーラーシステムローン」を利用し、余剰電力の買い取り制度による売電収入を原資として利用する仕組みを採用する。国際航業グループは、企業や自治体向け大規模太陽光発電システムの建設・施工・運用などを担当。また、一般家庭向け太陽光発電装置「ガイナーレソーラー・ホーム」の販売に向けたGIS(地理情報システム)を活用したサービスや、産業用ソーラーシステム「ガイナーレソーラー・インダストリアル」と、これに付随する産業用マイクログリッドの構築・運用、「e-Mobility」(新生電動移動体)へのカー・ナビゲーションシステムの構築・運用などにも取り組む。

国際航業グループは、GIS(地理情報システム)に基づく空間情報コンサルティング技術を活用したグリーン・エネルギー事業に注力をしており、宮崎県において日本初となる電力会社以外での発電事業用メガソーラープラントの建設・運用を手掛けている。本業務提携を契機に、環境エネルギー事業の拡大を図る考えだ。ナノオプトニクス・エナジーは京大初のベンチャーで、電気自動車の開発や太陽電池の開発・製造を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.