> > 日立 中国の大手水事業会社と水環境ソリューション事業の協業に合意

日立 中国の大手水事業会社と水環境ソリューション事業の協業に合意

記事を保存

日立プラントテクノロジーは、中国の大手水事業グループ興蓉集団と水環境ソリューション事業の協業に関する覚書を締結した。2011年度中に、中国西部地区の上下水処理施設の新設・改造に伴うプロジェクトにおいて、日立グループと興蓉集団が共同で特別目的会社を設立し、水事業を展開するほか、ITを活用して水循環の効率化を実現する日立グループの「インテリジェントウォーターシステム」も適用していく計画。今後、日立製作所、日立プラントテクノロジーと興蓉集団は、日立グループの持つ技術力、エンジニアリング力、グローバルネットワークと、興蓉集団の中国における水事業の投資及び運営・管理ノウハウを融合し、水環境ソリューション事業の拡大を目指す。

日立グループは、水環境ソリューション事業を社会イノベーション事業における成長分野と位置付け、事業を推進するための水環境ソリューション事業統括本部を2010年6月1日に設立した。中国や東南アジア、中東などの新興国を中心に、膜処理や生物処理など先進の水循環システムとITの融合によるトータルソリューションを活用した総合水事業を拡大し、2015年度には水環境ソリューション事業全体で2000億円の売上高を目指している。

日立グループでは現在、中国で大型送水ポンプや水処理機器の製造・販売、日系企業向け工場排水設備の機器調達・建設業務(EPC)などを行っているが、今後は、上下水分野でのEPCや事業運営・管理まで拡大し、特に成長が期待される再生水、海水淡水化、工業用水・排水分野の強化に取り組む。2010年10月には、日立と日立(中国)有限公司が、中国遼寧省大連市発展改革委員会と、大連長興島臨港工業区及び大連市街区において水循環の効率化を実現するインテリジェントウォーターシティのモデル事業を共同で推進することで合意しており、今回の合意はこうした取り組みの一環。

興蓉集団は、中国西部地区にある国営の大手水事業グループ。上水処理施設は3ヶ所保有し、給水能力は178万m3/d、給水人口は450万人。下水処理施設は9ヶ所保有し、処理能力は150万m3/dである。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.