> > トヨタ 2012年までにHVを11モデル、PHVは約300万円で市場投入

トヨタ 2012年までにHVを11モデル、PHVは約300万円で市場投入

記事を保存

トヨタ自動車は、エコカーの開発・投入計画や次世代二次電池の研究成果など、5分野における今後の環境技術への取り組み計画を発表した。同計画では、これから約2年の期間でのハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などエコカーの新商品投入モデル数や目標とする価格について明示。電気自動車(EV)については、2012年の市場投入を目指して開発中の市販車iQをベースとしたEVの試作車を公開した。また、同社は、米EVベンチャーのテスラモーターズと共同開発したRAV4EVのコンセプトモデルを、現在、開催中のロサンゼルスオートショーに出展している。

まず、HV分野については、2012年末までに、新車名のHVとモデルチェンジをあわせて、乗用車系11モデルを投入する予定。11モデルの中には、燃費40km/L以上(10・15モード走行)のコンパクトクラスのHVを投入する。PHV分野については、2012年初めまでに、日米欧を中心にプリウスベースのPHVを投入し、年間5万台以上の販売を目標とする。日本での車両価格は、300万円程度となる予定。

EV分野については、2012年に米国市場のほか、日本・欧州にもiQベースのEVを導入。当初は年間数千台規模の販売から開始する。日米欧のほか、中国でも導入に向けた検討を進め、2011年には走行実験を開始する予定。水素と酸素の化学反応で得られる電気エネルギーを利用して走行する燃料電池車(FCV)分野では、セダンタイプの新型モデルとして燃料電池ハイブリッド車(FCHV)の開発を進める。2015年頃から、日米欧の水素供給インフラが整備される地域への投入を見込み、それまでに車両価格の大幅引き下げを目指す。日本での車両価格は、現時点で1000万円を切るレベルのめどがついており、さらなるコスト低減に取り組む。

電動モーターで駆動するエコカーにおいて、高性能化の鍵を握る次世代二次電池分野については、研究成果を明らかにした。同社は2010年1月にプロセス研究の専門部署を設置し、延べ100人規模の研究体制で研究に注力。現在の有機電解液を無機系固体電解質へ置き換えた全固体電池では、粒子間抵抗の低減に成功し、小型パッケージングが期待できる電池の全固体化に向けて前進。また、金属リチウムを負極活物質に、空気中の酸素を正極活物質に用いた金属空気電池(リチウム-空気電池)では、反応機構を解明し、充電可能な二次電池としての研究指針を明確化したという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.