> > 丸紅 チリの大手電力会社と提携し、同国初のEV用充電インフラを整備

丸紅 チリの大手電力会社と提携し、同国初のEV用充電インフラを整備

記事を保存

丸紅は、チリの大手電力会社チレクトラ社と、電気自動車(EV)用急速充電インフラの整備に向けて協力する。両社は、公共、および民間施設へ急速充電器網を敷設する計画で、既にガソリンスタンドや公共駐車場、ショッピングモール、個人住宅などと設置交渉を始めている。2011年3月より、首都サンチャゴ市東部地区に急速充電器の設置を開始する予定だ。

急速充電器は、日本が国際標準化を目指す「CHAdeMO(チャデモ)規格」に適合した仏SGTE社製の製品を採用。丸紅が同充電器をチレクトラ社へ販売し、チレクトラ社が設置する。また、充電器網の整備により電力需要の増加が見込まれるため、必要な送電網などのインフラ面の整備についても調査・研究を進めているという。

同社は、チリ国内でのEV普及について同国政府とも協力しているほか、日産自動車のチリにおける輸入総代理店として、チリでのEVの普及に向けた取り組みを加速させており、日産のEV「リーフ(LEAF)」を南米で初めて販売する予定だ。日産とチリ政府は、EV導入に向けた補助制度制定に関して協力する方針で、丸紅はその支援も行っている。さらに、EVに不可欠なリチウムについて、世界最大手リチウムメーカーであるチリのSQM社、ドイツのケメタル社及びチリ大学と共同で、リチウム機構を設立。リチウムイオン電池などリチウムの応用製品の研究開発及び商業化を行なっていく予定だ。

今回の提携は、丸紅がチレクトラ社の親会社であるスペイン電力最大手エンデサ社(ENDESA)と、SGTE社製の急速充電器の設置やインフラ整備に取り組んでいくことで合意し、締結した覚書に基づくもの。丸紅は、2008年に総額20億ドルを超えるチリ銅山を買収し、また、水事業分野においては同国第3位の水事業会社の買収も決定しており、チリにおける積極的な営業活動を展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.