> > DOWAエコシステム リチウムイオン電池のリサイクル事業を開始

DOWAエコシステム リチウムイオン電池のリサイクル事業を開始

記事を保存

DOWAホールディングス子会社のDOWAエコシステムは、リチウムイオン電池の製造過程で発生するスクラップと使用済み電池のリサイクル事業を行うと発表した。同社では、リチウムイオン電池の材料製造から最終製品に至るまでの過程で、各メーカーなどから発生するスクラップと使用済み電池を回収しリサイクルする。これにより同社は、DOWAグループの既存事業の強みをいかし、多様な顧客ニーズに対応していきたい考えだ。

リチウムイオン電池が急速に普及するなか、電池に含まれるコバルト、ニッケル、リチウムなど希少金属のリサイクルが求められている。また、電池の軽量化や低コスト化によって、コバルトなど高価な希少金属の使用量が減少しているため、安価で適正なリサイクルへのニーズが高まっている。

今回、DOWAエコシステムでは、使用済みのリチウムイオン電池を、同社の産業廃棄物中間処理工場などの設備を活用して年間1000トン以上受け入れ、処理・分離を行い精錬原料とする。また、同社の収集運搬ネットワークを活用し、リチウムイオン電池の回収も効率的に進める。

なお、DOWAエコシステムは、リチウムイオン電池から高濃度のリチウムを精製する技術も開発しており、リチウムイオン電池用の原材料としてのリチウムの供給も検討している。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.