> > 凸版印刷 太陽電池バックシートの生産を約2.5倍に拡大

凸版印刷 太陽電池バックシートの生産を約2.5倍に拡大

記事を保存

凸版印刷は、機能性フィルムの製造拠点である深谷工場(埼玉県深谷市)を増床し、各種バリアフィルムや太陽電池部材の生産ラインを導入して生産能力を拡大すると発表した。

投資額は約50億円で、11月に着工し、2011年3月に竣工する予定。今回の増床で、ハイバリアフィルムの生産能力は従来比30%増、太陽電池バックシートの生産能力は約2.5倍の年間約5GWに拡大する。太陽電池部材では、提携する米デュポンのTMテドラー®PVFフィルムテクノロジーを適用した新製品「BS-TX」など、各種太陽電池バックシートの生産能力の強化を図るとともに、太陽電池封止材フィルムの生産設備を新たに導入する。封止材フィルムは、バックシート生産能力に合わせて順次増強していく予定だ。

機能性フィルムの需要は海外市場を中心に拡大しており、特に太陽電池市場は、国内では各種補助金や余剰電力買取制度などの支援策により急速に普及が進んでいる。また、海外でもドイツやアメリカなど欧米を中心に市場が広がっており、今後、アジア市場の拡大も見込まれる。そのため、太陽電池メーカー各社は増産を進めており、バックシートや封止材フィルムなど太陽電池の関連部材の需要も拡大している。バックシートは太陽電池の発電部分のセルを保護する部材で、封止材フィルムは表面のガラスと裏面のバックシートの間を封止する部材。ともに、太陽電池セルを保護する役割を担っている。

同社は、2009年4月に100億円を投じて深谷工場を竣工。水蒸気や酸素を通さない世界トップクラスのバリア性能を持つ透明蒸着フィルム「GLフィルム」を中心に製造を行ってきた。今後は、更なるハイバリア性を追求した新フィルムなど、ニーズに合わせたさまざまな機能を持つフィルムを製造していく計画だ。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.