> > パナ電工 JEL801規格に準拠した直管形LED照明約80種を発売

パナ電工 JEL801規格に準拠した直管形LED照明約80種を発売

記事を保存

パナソニック電工直管形LEDランプ搭載ベースライト「EVERLEDS」パナソニック電工は、日本電球工業会による規格に対応し、新口金システム(L形口金)を採用した「直管形LEDランプ搭載ベースライト」約80品種を12月24日より順次発売する。

希望小売価格(税込)は、1灯用器具が29925円~63000円、2灯用器具が49875円~111325円。年内に5品種、2010年度内に37品種を展開し、来春以降には品揃えを拡充して合計約80品種をライナップする。また、既設器具の本体のみを再利用するリニューアル用途として、ソケット、電源がセットとなった部品交換ユニットなども2011年1月中旬より発売する予定だ。オフィス、店舗、工場、学校、病院など幅広い分野・用途での拡販を図り、2011年度は年間30万台の販売を目指す。さらに、直管形以外の業務用LEDベースライトの売上を2011年度に20万台まで伸ばし、LED合計で50万台の販売を目指す考えだ。

パナソニックグループは、今回、国内規格に準拠し、安全性を確保しながら「視環境」と「省エネ」を両立するLED照明として、同製品を開発した。視環境は、オフィスの全般照明として多く設置されている蛍光灯器具(FLR40形)とほぼ同等のランプ全光束2400lmと演色性84を確保。また、同社のLED照明器具として初めて、初期照度を補正するセルフコントロール機能を搭載。無駄な明るさのカットなどにより、同社従来品蛍光灯器具(FLR40形)と比べ、約40%の省エネを達成した。光源寿命は約40000時間と高寿命。さらに、劣化が少なく反射効率のよいセラミックを基板素材に採用するなどして、明るさの長期間持続と従来のLEDのような粒々感が少ない光を実現した。

10月8日に日本電球工業会による規格(JEL801:2010)「L形口金付直管形LEDランプシステム(一般照明用)」が策定されたことを受け、10月18日、パナソニックグループと東芝ライテックは、年内に同規格に準拠した直管形LED照明を発売する方針を打ち出していた。

JEL801規格(40形の場合)では、落下などを防ぐ新しい「L型口金」(蛍光灯口金の「G13」と互換性がない)を採用し、全光束は2300lm以上、演色性は80以上などとなっている。光束は、光源から出る光の量を表すもので、数値が大きいほど明るく、演色性(平均演出評価数)は、光による色の再現性を表すもので、基準光を100として、色ズレが大きいほど数値は小さくなる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.